温泉地の観光

観光地に行くときは温泉もあわせてさがしてみましょう

まとまった休みが取れたときや、夏休み・お正月などはせっかくなので旅行したいと考える人は多いものです。
日ごろのストレス解消や体を沢山動かすレジャーなどを含め、観光で旅行に出かける際に是非チェックしておきたいのが温泉です。
行きたい場所が決まったら、その近隣の宿泊先を選ぶ際には料理や客室の雰囲気、料金が気になるところですが、その宿に温泉があればそれに越したことはありません。
普段とは違う場所に行くことで、移動するだけでも疲れますし、季節のスポーツ、スキーや登山、トレッキング、海でのレジャーなどが観光プランに含まれている場合には特にあると良いでしょう。
温泉にはその土地ごとに成分が違います。
山と海では泉質が違いますが、どちらにしても体をリラックスさせる効果があり、観光の疲れを癒してくれます。
なによりも山の美しい風景を堪能したり、海が見えたりするとそれだけでも気分転換になり、楽しい旅の思い出のひとつになります。

温泉は観光地にとっても目玉

温泉とは、地中から湧き出した湯の事であり、それを利用した施設の事でもあります。
日本では「温泉法」が1948年に制定されており、摂氏34℃以上、19種類の鉱物、あるいはガスのうち、1つが1Kg中にどれだけ含まれるかによって、認定がなされます。
鉱物などを含んでいても、34℃未満の場合には、温度によってそれぞれ、冷泉、鉱泉などと呼ばれて区別されています。
含まれる鉱物やガスにより、臭いや効能、肌触りも変化する為、娯楽の他、病気療養にも利用されています。
また、人工温泉と呼ばれるものも存在していますが、鉱物、あるいは薬効のある薬剤を投入した物の事を指し、家庭用入浴剤を使用した湯船もこれに当たります。
現代において、入浴施設は観光客誘致の目玉となっていますが、各地に存在する日帰り施設や旅館の中でも、老舗や高級と呼ばれる施設はその場所が最終目的地として、バスツアーなども組まれており、天然の湯は人気も高く、全国でも名前が知られています。

Favorite

印紙税納付計器を買う
http://www.neopost.co.jp/mailing-solutions/tax-machine

Last update:2015/6/19